ドラッグ

生活習慣を正す|コレステロールを下げるには食事から気をつける

魚と野菜の力を利用

椅子に座る女性

良質な脂肪とアミノ酸

コレステロール値が高いと、将来的に様々な疾病を引き起こします。しかし、コレステロール値は日々の食事によって下げることができます。コレステロール値を下げる食事の特徴は、良質な脂肪とアミノ酸を有している点です。良質な脂肪は、青魚が有しています。青魚は、EPAとDPAと呼ばれる必須脂肪酸を含んでいて、コレステロール値を下げる作用があります。とはいえ、必須脂肪酸は体内で合成できません。よって、食事から摂る必要があります。また、野菜にも同様の作用があります。とくに、キャベツやブロッコリーに含まれるSMCS(S-メチルシステインスルフォキシド)というアミノ酸は、血中コレステロールの上昇を抑えるはたらきがあります。

サプリメントが人気です

上述のように、魚と野菜が中心の食事にすれば、コレステロール値をコントロールできます。しかし、より手軽な方法として、コレステロール値を下げるサプリメントに人気が集まっています。それは、DHEやEPAのサプリメントです。これを飲めば、ブリやサバなどの青魚を口にしなくても有効成分を確実に摂取できます。また、野菜の力を活用したサプリメントとして、ドリンクも登場しています。野菜は、季節によって利用成分が変化しますが、ドリンクはその心配がありません。そのうえ、飲みやすい味に仕上げているので、安心して継続できます。サプリメントやドリンクは、魚や野菜が苦手な人や、忙しいなどの理由で食事内容の改善が難しい人に最適です。