ドラッグ

生活習慣を正す|コレステロールを下げるには食事から気をつける

血流改善は食べ物で決まる

窓辺の花

血中濃度の高い原因となるコレステロールは、そのまま放置してしまうことで血流低下から心筋梗塞や脳梗塞を招いてしまうことになります。これを改善するには、まずは食事を見直していくことが大切です。食事によってコレステロールを上げたり、下げる効果も期待できることから、意識して食べていくようにします。このコレステロールを上げてしまう食事は、脂っこい内容のものです。余計な脂質がコレステロールを高くしてしまうため、避けるのが一番です。そして、下げる食事では、血液をサラサラにしてくれる効果を含むものです。こういったものは食材にはたくさんあり、これを食べていくことでコレステロールを下げる効果も見えてきます。コレステロールを下げるためには、血流改善にいい食事が必要となるので、上手く実践していくことでその状態も良くなってきます。

コレステロールを下げる食事として、青魚を積極的に食べていくことでいい効果が得られます。青魚には、DHAやEPAといった脂肪酸が含まれ、これが血液中のコレステロールや中性脂肪を抑えてくれる働きをします。そして、えごま油などにはαリノレン酸が含まれ、これは青魚と同じようにオメガ3として体にいい油となってきます。また、オリーブオイルも脂肪酸となり、これも血液をサラサラにする効果があります。ただし、これは熱に弱いため、なるべく熱を使わない調理法で食べていくことです。こういった食事で気になるコレステロールを下げることができますが、簡単に取れない場合はサプリメントで補っていくのも賢い方法です。これを続けていくことで、血液の状態も健康的に改善してくるようになるでしょう。