ドラッグ

生活習慣を正す|コレステロールを下げるには食事から気をつける

アーモンド

太った男性

ナッツ類が健康に良いというイメージが何となくあると思います。ナッツ類には色々な種類がありますが、悪玉コレステロール値が高い人にオススメなのは、ずばり『アーモンド』です。コレステロールは、血液中に含まれる物質で細胞膜を作ったり、栄養分の分解を行うなど、体にとって必要な物質です。しかし、コレステロールには悪玉と善玉があり、悪玉コレステロールが増えてしまうと、血液中で酸化して、血管を詰まらせ動脈硬化を起こす原因となってしまいます。怖いですね。なぜ『アーモンド』が良いのかというと、『アーモンド』に含まれる良質な脂質であるオレイン酸という物質が、善玉コレステロールを増やして悪玉を減らしたり、血液をサラサラにする効果をもっているからです。つまり、悪玉コレステロールを下げる食べ物として最適です。脂質や糖分の多い食事を取る人は、悪玉コレステロールが高くなりがちですので、コレステロール下げる食品が何かを知っておくことも大事ですね。

食事でコレステロール値を下げることを考えると、毎回献立やメニューに悩んでしまいますが、『アーモンド』の良い点は、食事の合間のおやつとして手軽に食べられることでしょう。実は『アーモンド』は悪玉コレステロール値を下げる効果の他にも、若返りに効くビタミンEが豊富に含まれています。その他にも種々のミネラルが含まれており、食事で全てを網羅することを考えると、とても機能の高い食品です。さらに、もし『アーモンド』を店頭で選ぶときは素焼きアーモンドがオススメです。おつまみ用として売られているナッツ類には、塩がまぶしているものがあります。健康のために食べているはずが、塩分の摂りすぎになってしまうことがあると逆効果ですよね。